職員室の声

陽の落ちるのも(永井)

2018-10-11

陽の落ちるのも,日に日に早まり,夜風も身に滲む季節となりました。
生徒の皆様,いかがお過ごしですか?
朝も冷え冷えとして,寒さで目が覚めてしまいそうではないですか?
その時がチャンスです。布団を蹴り,パッと起き上がり机に向かいましょう。
朝型への,朝活のチャンスです。
長い2学期,地道にコツコツ進んでいきましょうよ。

話しは突然変わりますが,今,「筋肉」について学んでいるところです。大腿四頭筋,前腕二頭筋,シックスバッグのあの「筋肉」です。マッチョに目覚めたわけではありません。
ふと,先輩のベテラン教師が話してくれたことを思い出したからです。

 「あの子はいい筋肉をしている。相当な爆発力を持っている。必ず,入試でホームランを打つ」というものです。進路のベテラン,名伯楽,カリスマと呼ばれた人の言葉です。

その時は,その子,確かに元気,体力あるからスパート効くだろうな,とは思いました。ふううん。という程度でした。しかし,それから20年余を経て,思い返してみると,「筋肉」,「体力」という漠然としたものとは,異なる何かがあるように感じられました。
早速,アマゾンで検索。
『体力の正体は筋肉』。ドンピシャ。(と思ったのですが・・・)
高齢化社会を見据えての「健康寿命」の増進を筋トレ,特に下半身と体幹を鍛えましょう,というものでした。私もいい年。身につまされました。

でも,いい「筋肉」にはいい筋肉由来性ホルモンなるものがある,との発見がありました。
勿論,ATPというエネルギ-源が蓄積されることで,元気のもとであるのですが。

カテプシンB,記憶力を高めます。アイリシン,脳神経細胞の新生・再生に効果大。

いい「筋肉」。これだ。

カテプシンBとアイリシン,分泌させましょう。そして,脳力アップです。

体鍛えて,筋トレして,秋の夜長を楽しみましょう。

(文責;永井)