職員室の声

ミシンが(村木)

2018-09-19

 ミシンが修理から戻ってきた。

 昨夜は嬉しくて、端切れで三角ポーチを作ってみた。かがり縫いも返し縫いもスム―

ズである。カタカタカタカタ…

 

 若い頃は、夏のワンピースや単純なギャザースカートなどは自分で作っていた。結婚

して子どもが生まれてからは、子ども服をいくつも作った。あの頃はお気に入りの生地

を見つけると、さあ今度は何を作ろうかと心が躍った。

 

 主人が国内勤務になって、新しく住む場所のカーテンが少し長いから短くしてくれと

持って帰って来た時、そのレースのカーテンは単にまっすぐ縫うだけだったのに、久し

ぶりに引っ張り出した私のミシンはうまく動かなくなっていた。

 

 「ちょっと前に雑巾を縫った時はちゃんと動いたんだけど」と言いながら、ああでも

ないこうでもないとミシンを縦にしたり横にしたり?…でも、もう久しくきちんと動か

していないことと、私の目も随分悪くなったことを思い知った。

 

 久しぶりのミシンは、私をちょっとだけ過去に戻してくれた。

(文責;村木)